バター

パンに塗るバターは有塩・無塩どちらが最適?

  1. HOME >
  2. バター >

パンに塗るバターは有塩・無塩どちらが最適?

焼きたてのパンに合わせたいのはなんといっても香り高いバター。でも、普段口にするパンに塗るときのバターは、有塩のものか無塩のものなのか、あまり意識したことはないという方も多いのではないでしょうか?

パンに塗るのに適したバターは「有塩」・「無塩」一体どちらが適しているのかご紹介していきます。

関連記事「バター」とは一体どういうもの?バターの歴史や名前の由来について

\よつ葉乳業オンラインショップはコチラ/

はじめての方でも迷わない!初回限定お試しセットは送料無料♪

ご注文はコチラから

有塩(加塩)バターとは

書いて字のごとくですが、「塩」食塩が含まれているのが有塩(加塩)バターです。

バターを練り上げる工程で食塩を追加します。食塩を加えることで風味もアップし、日本の家庭で一般的に使用されているのも有塩(加塩)のバターです。

無塩のものより賞味期限も長く、生産量も多いため無塩のものよりは比較的安く手に入ります。

関連記事パンに塗るバターはどのくらいが適量?

無塩バターとは

有塩バターとは対称に、製造の工程で食塩を使用していないバターのことです。

有塩バターよりも需要が安定しないことから価格は高めで、食塩を使用していないため、保存できる期間も短くなっています。

関連記事パンに塗る「グラスフェッドバター」とは一体どういうもの?

有塩バターの使用に向いているもの

有塩バターは、調理する食材にコクや甘味をプラスする働きをしてくれます。

そのため、素材の美味しさを引き立ててくれるためごはんものやおかず毎日食卓に並ぶお料理、特に「洋食」に最適とされています。

無塩バターの使用に向いているもの

無塩バターには揮発性脂肪酸(きはつせいしぼうさん)という成分が含まれており、熱を加えることで「サクサク感」や「しっとり感」を出してくれます。

そのため、無塩バターは必要な要素を引き出してくれるお菓子、特に「洋菓子」づくりに最適とされています。お菓子づくりに有塩バターを使うと、しょっぱくなってしまうため注意が必要です。

お菓子作りの材料ならCotta!

パンに塗るバターはどちらが最適?

では、朝食に欠かせないトーストやパンには有塩と無塩、どちらのバターを使うのがいいのでしょうか?

一般的に家庭で使用されているのは有塩バターのため、自然とトーストには有塩バターを使用しているのではないでしょうか。

無塩のものをパンに合わせても問題はありませんが、コクや甘味が有塩バターに比べて少ないため「ちょっとものたりないな」と思う方もいるかもしれませんね。

シンプルなトーストに合わせるのであれば「有塩バター」がおすすめです。

関連記事見た目は同じバターとマーガリンの「味」の違いとは

まとめ

有塩バターと無塩バターの違いは「食塩が使用されているかどうか」という点。有塩バターは無塩バターに比べて価格も高く、日持ちする期間も短いです。ですが、お菓子作りには最適な面もあります。

食塩を使用することで、バターを使う時に素材の味を引き立ててくれるのが有塩バターのため、トーストには有塩バターを使うのが良いでしょう。

無塩バターしかない!という時は、バターの上から少しだけお塩を振ると有塩バターに近い使い方ができますよ。

\冷凍パンでおうちで焼きたて/

今なら【送料無料】はじめてパンセットが
合計9種26個入+今だけパン2個増量

4,138円(税込)→2,980円(税込)

公式サイトから注文する

おすすめ記事

1

朝食に欠かせないトースト。バターを塗る人も多いと思いますが、トースト1枚に対してどのくらいの量を塗っていますか? 今回は、意外と知らないパンに塗るバターの量はどのくらいが適量かについてご紹介します。 ...

2

パン好きの方の中には、ダイエット中であってもパンを食べたいという方も多いのではないでしょうか? よく、お米の方が腹持ちが良いためダイエット中の炭水化物として推奨されていますが、それでもどうしてもパンが ...

3

小岩井から発売されているレーズンアンドバター。実際に購入し試してみました!パッケージにはクラッカーに合わせているけど、パンにも合うのか検証してみます。 関連記事パンのお供「パンにおいしい よつ葉バター ...

-バター
-

© 2020 パンとも